狸の気ばらし~ご存知ですか?新札幌の沖縄居酒屋~

ご存知ですか?新札幌の沖縄居酒屋!狸の気ばらし!

ゴーヤーチャンプルー

狸の気ばらしさんでは、ゴーヤーとスパムと島豆腐を使用されています。

ゴーヤーは、沖縄県産にこだわり、ゴーヤー本来の苦みがありつつも、苦すぎない味付けで提供されています。

スパムには、減塩タイプよりもさらに薄味のうす塩タイプを使用。
素材の風味を活かしながらも、主張し過ぎないように工夫されているそうです。

店主は、沖縄の大学出身であり、大学時代に慣れ親しんだ味わいを再現されています。

自家製麺のソーキそば

麺はなんと、生地から自家製!
道産小麦粉を使い、配合から製麺まで全て店内で行っているそうです。

自家製麺は、コシの強さが特徴。
30分以上生地をこねた努力の賜物です。

生麺にて提供されており、蒸し麺とは異なる風味を楽しむことができます。

ソーキ(豚スペアリブ)は軟骨が柔らかくなるまで煮込み、全て食べることができます。
かまぼこも手作りしており、自家製のソーキそばを堪能できます。

メキシカンエッグ

沖縄には、様々な異文化料理が浸透しており、その1つがメキシコ由来のタコスから派生したタコライス。

狸の気ばらしさんでは、そのタコスミートを使ったチーズ入り卵焼きも提供されています。

沖縄のチャンプルー精神を感じながら、オリジナルのメニューを楽しめます。

沖縄生春巻

沖縄生春巻は、ゴーヤー・油みそ・豚肉を使った逸品。

ゴーヤーの苦みをクリームチーズで優しく受け止めます。
狸の気ばらしさんでは、北海道の方向けにアレンジしたメニューを楽しめます。

見た目も綺麗で、ヘルシーなので、女性うけ間違いなしです。

沖縄居酒屋で手作りザンギ?

道内産鶏モモ肉を、自ら味付けして美味しく作られた一皿です。

沖縄料理に苦手意識がある方がいても、気兼ねなく楽しめるようにメニュー数は豊富です。

豊富な泡盛

狸の気ばらしさんでは、30種以上の泡盛を用意されています。

店主のおすすめは、「やまかわ甕フィニッシュ」!
泡盛をタンクで貯蔵した後、出荷までに半年以上、甕(カメ)でゆっくりと熟成させることにより、柔らかな味わいと上品な香りを実現した逸品です。
各瓶にはシリアル番号が付いている程、貴重な泡盛です。

不定期のライブ

主に沖縄出身者による沖縄民謡やポップスのライブが不定期で開催されています。

気になる方はFacebookで検索してみてください。

店主も三線を習っているそうで、もしかしたら弾いてくれるかもしれません。

場所

JR新札幌駅、地下鉄新さっぽろ駅から徒歩5分程度です。

【狸の気ばらし】

住所 札幌市厚別区厚別中央3条5丁目2-12
電話番号 011-894-7588
営業時間 18:00~25:00
定休日 毎週月曜日と第三日曜日

 

取材日:2020年1月21日
情報は、取材当時のものです。