カフェ・ランチ・スイーツver 近日公開予定

WARAYAKI酒場あくと~900℃の火が天井まで上がるわら焼き~

900℃の火が天井まで上がるわら焼き料理を楽しめる!あくと!

名物藁焼き

カツオのタタキの調理方法として有名な藁焼き。
あくとさんでは、様々な食材を藁焼きで調理されています。

天井まで上がる火は、圧巻の光景!
藁焼き専門の調理場があるからこそなせる業です。

900℃の高温で一気に焼くため、内側に生感が残る独特の食感となります。
凝縮された旨味とわら焼きによる香りを楽しめます。

カツオの藁焼き

疲労回復効果や美肌効果のあるカツオ。

藁焼きにすることで、皮まで食べられるため、栄養価を余すことなく摂取できます。

あくとさん独自の手法で香りづけをしているため、他店とは異なる豊かな香りを楽しめます。

〆サバ、明太子、カマンベールなど、藁焼き専門店ならではのメニューがあります。

アスパラ羊

流通している羊肉の99%以上は輸入品。
あくとさんでは、貴重な道産の中でもさらに希少なアスパラ羊を使用されています。

アスパラの根本の部分を羊に与えて育てることにより、甘みや旨味が強く、ヘルシーな肉質となっています。
旨味成分であるグルタミンが突出して多く、旨味の強さは実証済み。

藁焼きやレバーペーストとして提供されています。

北海地鶏

北海道のみで育てられている北海地鶏の数は、4万羽程。
ブロイラーの飼育数は全国で約1億4千万羽なので、その希少性は言うまでもありません。

コクやうま味の強さが特徴で、それを藁焼きにすることで、さらに旨味を凝縮されています。

とりわさや手羽先唐揚げなど、定番メニューも希少な地鶏を使って提供されています。

エゾシカ

あくとさんで仕入れているエゾシカは、猟師の西村健一さんから仕入れたもの。

猟師の腕、仕留め方により味や食感に違いが出るため、腕利き猟師から仕入れた鹿肉は絶品。

シカロース藁焼き、シカ肉ジンギスカンとして食べられます。

常呂町の海鮮

あくとさんでは、生産場所まで足を運び、生産者との強い絆を気付かれています。
常呂町のマスコスモ合同会社さんもそのうちの1社で、新鮮で質の高いお魚の提供を受けています。

カキの藁焼き、ホタテのなめろう、ピンクサーモンの味噌チャンチャン焼きなど、産地とのパイプを活かしたメニューが並んでいます。

毎日直接見て仕入れる新鮮魚介

日替わりメニューは、旬な海鮮メニューが中心。

あくとさんでは、何と毎日、市場などに出向いて活きのいい魚を仕入れています。

毎日直接見て仕入れているため、目利きの良さは折り紙付き!

金目鯛、シマアジなど旬で新鮮な海鮮を食べられます。

似顔絵プレートと寿司ケーキ



記念日には、似顔絵プレートや寿司ケーキの提供をされています。

インパクト抜群で、喜んでもらえること間違いありません。

似顔絵プレートの質の高さに驚かされます。

ドリンクメニュー

地酒・焼酎・果実酒などドリンクメニューは豊富です。

飲み放題は、1,500円と2,000円の2つのプラン(どちらもクーポン利用時)があります。
1,500円のプランは、生ビールが付いた通常プラン。
2,000円のプランは、日本酒・焼酎・果実酒が充実した内容のプラン。

こだわり満載の食事メニューに飲み放題を付ければ、リーズナブルにあくとさんの良さを実感できると思います。

雰囲気・場所

カウンター・テーブル席・掘りごたつ席があり、一人飲み、観光など様々なシーンで利用できます。

個室もあるため、接待会食にも最適です。

すすきの駅(地下鉄南北線)、市電すすきの駅から徒歩2分の場所にあります。

【WARAYAKI酒場あくと】
札幌市中央区南4条西5丁目 アイビルⅡ 3階
011-261-7880
>>公式ホームページはこちら

 

取材日:2020年3月2日
情報は、取材当時のものです。